第1回 おうちで予習!正倉院展~今年の正倉院展を100倍楽しむ!~

本動画の視聴には会員登録が必要です。プレミアム会員になることで、全編が視聴可能です。

2023年度の正倉院展は10月28日から11月13日まで。正倉院展という言葉を聞くと、秋の訪れを感じるという人もいるほど、毎年、奈良の秋を飾る一大イベントでもあります。 一方で、そもそも「正倉院」自体をよく知らない人もまだまだいるのではないでしょうか。そんな初心者の方も、もちろんよくご存じの方も、動画で今年の正倉院展について予習しませんか。元正倉院事務所所長の杉本一樹先生の解説で、分かりやすくご紹介します。先生のお話を聞けば、今年の正倉院展がもっと楽しくなるはず。展示される美しい宝物に秘められた物語やその鑑賞ポイントを学び、今年の宝物との出会いを特別なものにしましょう。 第1回は、そもそも正倉院とは何か、その時代の歴史背景を踏まえた宝物の紹介、第2回・第3回は実際に展示される宝物を中心にご紹介します。
続きはプレミアム会員限定のコンテンツです。プレミアム会員の方はこちら(「会員の方ログイン」)からログインしてお楽しみください。

杉本一樹
(すぎもとかずき)

元宮内庁正倉院事務所 所長

1957年東京都生まれ。東京大学文学部国史学科卒業、同大学院人文科学研究科博士課程中退。博士(文学)。元宮内庁正倉院事務所長。現在は、独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所都城発掘調査部客員研究員。著書に『日本古代文書の研究』(吉川弘文館)、『正倉院歴史と宝物』(中公新書)、『正倉院あぜくら通信 宝物と向き合う日々』(淡交社)など。